意外と安く済む

海外ウェディングを選択したいと思う人がまず困るのがそのお値段がなかなか読めないことです。何と言っても海外旅行にもなるわけですから、飛行機代から合わせていくと巨額の出費となりそうです。それで二の足を踏んで挙式自体を諦めてしまう方もいるでしょうがよくよく調べると国内より安くあがって満足できるものもあります。

もちろん上を見ればホテルや料理のグレード、当日の演出などで目の飛び出るようなお値段がかかるものもあります。わざわざそうしたものを選ばなければ、通常の海外旅行代金の倍程度払えば新郎新婦二人分の海外ウェディングが成立することもあります。

往復の飛行機に宿泊するホテル代金、それに加えて挙式にかかる費用、貸出の衣装代に親族含めたお食事会の代金を合わせて、ハワイならば百万円程度からある程度のグレードでの挙式を開けます。タヒチやモルディブなど高級リゾートならば日本人からの需要が多くないためか、やや値段設定は上がります。飛行機の代金も乗り継ぎが発生することもあって高いですが、日本人がいないからこそプライベート感のあるウェディングにすることが可能です。しかし、親族など参列者の飛行機代は出すのが礼儀となりますので、全体的な金額も考えておく必要があります。

まずは海外ウェディングを行っているブライダルサロンなどに相談をしてみるといいでしょう。プランや費用はもちろん、ハネムーンや帰国後のパーティまで相談に乗ってくれます。